雛祭り

巡る季節や自然の恵みに感謝し、幸福な将来を祝う大切な日。

3月3日は、女児の健やかな成長と、少し早い春の訪れを祝う「雛祭り」です。

雛祭りの始まりはその昔の中国と伝えられています。
3月3日に災厄や汚れをはらうため、青い芝を踏んで、酒を飲み交わし、
川に入って身を清める「踏青(とうせい)」という習慣がありました。

一方、日本には昔から紙や木などで作った形代(かたしろ)に厄病や汚れを移し、海や川へ流す神事があります。
この二つが重なる事で、現在の「流し雛」の原型が生まれたと言われています。
やがて雛人形は流すものから飾るものへ。今のようにひな壇に飾られる雛人形は、宮中へ入内した徳川家康のお孫様の東福門院が、子供の為に作らせたものが始まりといわれています。
また、昔は「踏青」に因んで、女の子たちが雛人形を持って、野辺や磯に出かけ、お雛様に春の景色を見せてあげる風習もありました。

何時の時代においても、巡る季節や自然の恵みに感謝し、幸福な将来を祝う大切な日となっています。

暮らしのサイズに合わせた人形

飾る暮らしのサイズに合わせた人形を

現代の住宅事情を考えると、自宅に大きな段飾りを設えるのが難しい事もありますが、
ちいさな人形を置くだけでも、部屋の中に陽だまりが生まれたような、暖かな印象になります。

供える桃の花で邪気をはらう

雛人形に供える桃の花には邪気を払い、百鬼を制する力があるといわれています。
淡く柔らかな花弁に包まれた愛らしい姿と、内に秘められた力強さを合わせ持つ桃の花が、女児の健やかな成長を見守るってくれるよう、願いを託します。

桃の花で邪気をはらう

「婚期が遅くなる」という言い伝えに込められた意味。

雛人形を飾る時期は立春を過ぎてから3月3日まで。この時期を過ぎたら、すぐにしまいます。 「雛人形をいつまでも出していると婚期が遅くなる」という言い伝えがありますが、これは「人形に移した厄を遠ざけたい」という親心と、「後片付けは早くするもの」というしつけの意味が込められているとか。

雛祭り商品一覧

[ 並び順を変更 ] : おすすめ順 / 価格順 / 新着順
1-4 / 4

懐紙 色ふち

453円(内税)

四方紅

1,404円(内税)


1-4 / 4

営業日カレンダー

2018年6月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
 はオンラインショップの定休日です。実店舗とは異なります。
営業時間は10:00〜16:00です。

※オンラインショップに関するお問い合わせは下記までお願い致します。
・E-mail:info@haibara-shop.jp
・電話番号:03-3245-6488
 (営業時間のみ対応可能)
  • グッドデザイン賞受賞「蛇腹便箋シリーズ」
  • Instagramご紹介アイテム
  • 購入金額10,000円以上で送料無料
  • 初回購入時に新規会員登録で300pointプレゼント
  • ギフトラッピング承ります
  • 日本橋・榛原と日本のこよみ「季節の特集」
  • 日本橋・榛原の「手しごと特集」
  • 榛原のメールマガジン
営業時間
月曜日〜金曜日10:00〜18:30
土曜日・日曜日 10:00〜17:30
休業日
祝日、年末年始、お盆
所在地
東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー(Google map
日本橋駅(東京メトロ銀座線・東西線、都営浅草線)B6出口直上

※オンラインショップに関するお問い合わせは下記までお願い致します。
・メールアドレス:info@haibara-shop.jp
・電話番号:03-3245-6488(営業時間のみ対応可能)

日本橋榛原コーポレートサイト

TOP