金封の選び方

気持ちを伝える、榛原の金封。

日本には、昔から金銭を直接贈ることを避け、白の和紙で包みと水引で形を整える文化があります。
水引の色や形、熨斗の有無は、お渡しする相手の状況に合わせて変化し、言葉には表しきれない、
相手への感謝や寿ぎの気持ちを伝える重要な役割を担って参りました。
このページでは、場面に合せた金封の選び方について、榛原に伝わる作法をご紹介をしたいと思います。

結婚のお祝い

結婚式でお渡しする金封は、決して解けない「結び切り」を用います。
淡路結びや、松・竹・梅・鶴・亀を模った飾り結びなども、「結び切り」の変形として婚礼の場面で利用されます。

結び切り

結婚をする側からのお礼

その他のお祝い

誕生日祝、出産祝、昇進祝、入学入園祝などの機会にお渡しする金封は、「結い解け(ゆいほどけ)」を用います。
現代では「蝶結び」「花結び」などと称される結びの様式で、ほどいては結び直すことのできるため、何度あっても良いお祝い事に使用されます。
水引の色は、控えめにお渡ししたい時は紅白、華やかな雰囲気を出したい場合は金銀をお勧めいたしております。

水引の付いた金封

お礼

お礼のお気持ちとして金封をお渡しする際は、何度もほどいて結び直すことのできる「結い解け(ゆいほどけ)」を用います。
水引の色は、控えめに紅白の物を使うのが一般的です。

水引の付いた金封

お見舞い

お見舞いの場合は、紅白5本取の結び切りの付いた物か、白無地の金封を用います。
榛原では災害時のお見舞いは「これっきり」という気持ちを込めて結び切りを、病気や怪我のお見舞いには白無地の金封をお勧めしております。

結び切り お見舞い用金封

白無地 お見舞いたとう

お悔やみ

不祝儀の際にお渡しする金封の表書きや水引の作法は、故人の方の宗教によって異なりますので、下記をご参照ください。

形式 時期 表書き 水引の色
一般的な場合
(宗教不明など)
- 御花料 双銀
佛式 四十九日以前 御霊前 黒白、双銀、黄白(関西)
五十日以降 御佛前 双銀、黄白(関西)
神式 - 玉串料、御榊料 双白
キリスト式 - 御花料 双銀

双銀の水引

黒白の水引

金封の選び方は、お住まいの地域やご家庭、また個々人のお考えによって異なりますので、目安としてご参照ください。

金封商品一覧

営業日カレンダー

2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2017年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
 はオンラインショップの定休日です。実店舗とは異なります。
営業時間は10:00〜17:00です。
  • グッドデザイン賞受賞「蛇腹便箋シリーズ」
  • 購入金額10,000円以上で送料無料
  • 初回購入時に新規会員登録で300pointプレゼント
  • ギフトラッピング承ります
  • 日本橋・榛原と日本のこよみ「季節の特集」
  • 日本橋・榛原の「手しごと特集」
  • 榛原のメールマガジン
営業時間
月曜日〜金曜日10:00〜18:30
土曜日・日曜日 10:00〜17:30
休業日
祝日、年末年始、お盆
所在地
東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー(Google map
日本橋駅(東京メトロ銀座線・東西線、都営浅草線)B6出口直上

日本橋榛原コーポレートサイト

TOP