木版摺り 榛原の誇る色彩の美

【木版摺り】榛原の誇る色彩の美

創業期以来、榛原は木版摺りで文様を施した便箋や金封を取り扱ってまいりました。
目に鮮やかな木版摺りの色彩は、今でも榛原商品の特徴の一つです。
この度は、木版摺りに纏わる手仕事の風景をご紹介いたします。

彫りと摺りの共同作業

木版摺り商品の製作過程に携わるのは、木版彫師と摺師という二人の職人です。
まず、木版彫師が榛原に伝わる図案を基に、版木を彫り上げます。
完成した版木は彫師の手元に届けられ、そこから一枚一枚和紙に文様を摺る作業が始まります。
彫師と摺師は同じ場所で仕事を行うわけではありませんが、版木を通じて対峙し、この二人の共同作業こそ、木版摺りの真髄と言えます。

夢二の旅」版木彫り工程

「夢二の旅」版木彫り工程

「夢二の旅」版木彫り工程

彫師が手掛けた版木を使って、摺り師が一枚ずつ葉書に文様を摺る

繊細な手仕事

木版摺りは、一色につき、一枚の版木を使います。
そのため、多色摺りの便箋を作る場合は、色の数だけ手作業で図案を摺り重ねてゆくことになります。
版がずれないように0.1ミリ単位の調整を行いながら「見当付け」を行い、色むらが出ないようにバレンで和紙をこする圧力や顔料の量にも細やかに気を配って一摺り一摺り、商品を仕上げてゆきます。

繊細な手仕事

「木版摺り ちらし便箋 桜」に使う顔料。絶妙な色合いを調合する。

繊細な手仕事

「木版摺り ちらし便箋 桜」版木。一色につき一枚の版木を使う。

繊細な手仕事

一色ずつ版を摺り重ね、図案を完成させる。

木版摺りの色彩

「榛原の紅は寿ぎの色」と古くから言われてきたように、木版摺りの鮮やかな色彩は、人の心に晴れやかな喜びをもたらします。
時に、言葉以上に気持ちを伝える便箋や熨斗袋といった商品を取り扱うに当たり、榛原ではこれからも職人による手仕事の技術を凝らし、美を追求して参りたいと思います。

木版摺りの色彩

「千円入りたとう」鶴と亀が紋様化された熨斗

木版摺りの色彩

「木版摺り 色ふちレターセット」顔料

木版摺り商品一覧

[ 並び順を変更 ] : おすすめ順 / 価格順 / 新着順
1-22 / 22
1-22 / 22

営業日カレンダー

2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2017年9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 はオンラインショップの定休日です。実店舗とは異なります。
営業時間は10:00〜17:00です。
  • グッドデザイン賞受賞「蛇腹便箋シリーズ」
  • Instagramご紹介アイテム
  • 購入金額10,000円以上で送料無料
  • 初回購入時に新規会員登録で300pointプレゼント
  • ギフトラッピング承ります
  • 日本橋・榛原と日本のこよみ「季節の特集」
  • 日本橋・榛原の「手しごと特集」
  • 榛原のメールマガジン
営業時間
月曜日〜金曜日10:00〜18:30
土曜日・日曜日 10:00〜17:30
休業日
祝日、年末年始、お盆
所在地
東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー(Google map
日本橋駅(東京メトロ銀座線・東西線、都営浅草線)B6出口直上

日本橋榛原コーポレートサイト

TOP