御年賀の品 新年に縁をつなぐ贈り物

御年賀の由来 - 年神様へのお供え物

お正月は元来、年神様を迎えて旧年の実りに感謝し、新年の豊穣と平穏を祈る行事でした。
そのため、年始のご挨拶に伺う際は、年神様を祀る神棚や仏壇へのお供え品を持参する風習があったと言われています。それが、時を経て相手への手土産を持参する文化に替わり、現在まで引き継がれて参りました。

個人の関係のみならず、仕事でお世話になった方へのご挨拶にも、手拭や菓子折りなどを携えて伺うことが多くあります。ここでの御年賀の品は名刺代わりの意味を持ち、ささやかながら寿ぎの気持ちをこめた品を選ぶことで、新年に良いご縁をつなぐことが出来ます。

御年賀の贈り方 - 紅白花結びか紅帯の熨斗紙に「御年賀」の表書き

御年賀の贈り物には、紅白の花結びか紅帯の熨斗紙を掛け、「御年賀」の表書きを入れます。
お渡しする時期は1月1日から3日までの「正月三が日」が基本ですが、都合がつかない場合は1月7日までの「松の内」にお持ちしても問題ないとされています。

御年賀は、お手渡しが前提ですので、宅配便などで送付する事は行いません。
当方、または先方が喪中に当る場合は、「寒中見舞い」の熨斗紙を掛け、松の内が明けた後に持参するのが一般的なマナーとされています。

御年賀の贈り方

榛原のお年賀

榛原の便箋や懐紙などは、御年賀の品にも多くご利用いただいています。
ここでは、代表的な品をいくつかご紹介します。

蛇腹便箋

折り目ごとにミシン目が付いており、お手紙を書き終わったところで切り離して頂けます。
便箋の柄も、江戸期の巻紙を基にデザインしました。
必勝祈願に掛けた「千鳥」、長寿の象徴である「千代見草」などのおめでたい柄が揃っています。

蛇腹便箋

懐紙

お客様をお迎えしたり、お初釜に参加したりする1月は、お懐紙を使う機会も多くあります。
ふちを紅色に染めた「紅梅」と、純白の「小菊」を合せると紅白一対の贈り物になり、新年の寿ぎに花を添えます。

懐紙

竹久夢二一筆箋

ちょっとしたメッセージを書き添えるのに便利な一筆箋は、いくつあっても喜ばれる品です。
御年賀には竹久夢二の「紅梅」や「椿」など、新春に因んだ柄を選びましょう。

竹久夢二一筆箋

紅ふち一筆箋セット

「榛原の紅色は寿ぎの色」と言われてきたように、木版摺りの鮮やかな紅色はおめでたい場面によく似合います。
一枚一枚職人が手仕事で仕上げた、印象的な贈り物です。

紅ふち一筆箋セット

六角筆筒

オリジナルの千代紙を使った筆筒は、デスクや、化粧台の上で大活躍します。
平たく折り畳む事ができるため、持ち運びも便利です。

六角筆筒

御年賀の品商品一覧

[ 並び順を変更 ] : おすすめ順 / 価格順 / 新着順
1-12 / 12
1-12 / 12

営業日カレンダー

2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
 はオンラインショップの定休日です。実店舗とは異なります。
営業時間は10:00〜16:00です。

※オンラインショップに関するお問い合わせは下記までお願い致します。
・E-mail:info@haibara-shop.jp
・電話番号:03-3245-6488
 (営業時間のみ対応可能)
  • グッドデザイン賞受賞「蛇腹便箋シリーズ」
  • Instagramご紹介アイテム
  • 購入金額10,000円以上で送料無料
  • 初回購入時に新規会員登録で300pointプレゼント
  • ギフトラッピング承ります
  • 日本橋・榛原と日本のこよみ「季節の特集」
  • 日本橋・榛原の「手しごと特集」
  • 榛原のメールマガジン
営業時間
月曜日〜金曜日10:00〜18:30
土曜日・日曜日 10:00〜17:30
休業日
祝日、年末年始、お盆
所在地
東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー(Google map
日本橋駅(東京メトロ銀座線・東西線、都営浅草線)B6出口直上

※オンラインショップに関するお問い合わせは下記までお願い致します。
・メールアドレス:info@haibara-shop.jp
・電話番号:03-3245-6488(営業時間のみ対応可能)

日本橋榛原コーポレートサイト

TOP