[秋の色彩]  -菊・もみじ-

秋の色彩 -菊・もみじ-

10月に入り、本格的な秋がやってまいりました。
秋は彩の季節です。澄んだ空に、木の葉や木の実の色彩が映え、自然が放つ生命の輝きが感じられます。
ここでは、代表的な秋の彩である、菊ともみじについてご紹介します。

菊-長寿、品格の象徴

長寿、品格の象徴

秋の深まるこの時期、野山は鮮やかな菊の花に彩られます。
奈良時代に中国より渡来した菊の花は、古くから品のある姿と香りが好まれてきました。

中国の故事には、穆王(ぼくおう)の侍童である菊慈童(きくじどう)が菊の葉から滴る露を飲み、不老不死の仙人となったと記されています。また、西魏の文帝は菊を浸した酒を飲んで、長寿を得たといわれています。これらの伝説から、菊は長寿をもたらすおめでたい花とされ、千代見草・齢草(よわいぐさ)等とも呼ばれてきました。

また、中国の代表的な隠遁詩人である陶淵明(とうえんめい)に愛されたことから「世に隠れた上品かつ静かな様」を表す意味を与えられ、梅(高潔)・蘭(清逸)・竹(節操)と共に君子に求められる人格を象徴する四種の草木「四君子」の中に数えられています。

もみじ-季節と共に移り変わる姿

もみじ季節と共に移り変わる姿

もみじは赤や黄色に色づく木々の総称であるとともに、特に紅葉が見事な楓の異称です。

その美しさは、古く『万葉集』や『源氏物語』でも称えられ、室町時代には貴族の間で遠くの野山にもみじを愛でに行く「もみじ狩り」が盛んに行われました。
江戸期以降、もみじ狩りは庶民の間に広がります。現代の花見と同じ様に、木の下で弁当を広げ、華やかに宴が繰り広げられた様です。
伊勢神社にお参りする「伊勢講」、「おかげ参り」の道筋に合せて紅葉の名所を紹介する案内本も出版され、人々が名所にこぞって押し寄せたという事からも、当時の人気ぶりが伺えます。

秋が深まるにつれて、刻々と艶やかさを増すもみじ。
やがて冬が近き、絢爛かつ潔く、地に返ってゆく姿にも禅の美学が重ねられます。

菊・紅葉商品一覧

[ 並び順を変更 ] : おすすめ順 / 価格順 / 新着順
1-14 / 14
1-14 / 14

営業日カレンダー

2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
 はオンラインショップの定休日です。実店舗とは異なります。
営業時間は10:00〜17:00です。
  • グッドデザイン賞受賞「蛇腹便箋シリーズ」
  • Instagramご紹介アイテム
  • 購入金額10,000円以上で送料無料
  • 初回購入時に新規会員登録で300pointプレゼント
  • ギフトラッピング承ります
  • 日本橋・榛原と日本のこよみ「季節の特集」
  • 日本橋・榛原の「手しごと特集」
  • 榛原のメールマガジン
営業時間
月曜日〜金曜日10:00〜18:30
土曜日・日曜日 10:00〜17:30
休業日
祝日、年末年始、お盆
所在地
東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー(Google map
日本橋駅(東京メトロ銀座線・東西線、都営浅草線)B6出口直上

日本橋榛原コーポレートサイト

TOP