暑中見舞い

[涼を送る]- 暑中見舞い -

日に日に気温が上がり、蒸し暑い日が続いています。

汗をかきながら家路に着いた日も、郵便受けに爽やかな夏のお便りを見つけると、疲れも吹き飛ぶような嬉しい気持ちになりますね。

この度は、暑中見舞いの由来や送る時期、文案などをご紹介します。

- 暑中見舞いとは - 一年で最も暑い時期に大切な人の安否を気遣う

暑中見舞いの起源には諸説ありますが、一年を半ば過ぎた夏時期の贈答文化に由来していると考えられます。

かつては、この時期に一族が供え物を持って集まり、先祖の霊を祀ってこれまでの無事を祝いました。その風習が時代を経てお世話になった方への贈答習慣につながり、さらに簡略化されて書状を送るようになったと考えられます。
明治期以降に郵便制度が整った後は暑中見舞い、残暑見舞いという形で定着しました。

現在も、一年で最も暑い時期に大切な人の安否を気遣う 習慣として受け継がれています。

暑中見舞いとは

- 暑中見舞いを送る時期 -小暑から立秋の前日まで

暑中見舞いを送る時期は、二十四節気の小暑から大暑を経て、立秋の前日まで。

立秋から8月31日までは残暑見舞いとなります。相手の手元に届く日数も考えて投函するようにしましょう。

2017年の場合
暑中見舞い:7月7日〜8月6日
残暑見舞い:8月7日〜8月31日
となります。

暑中見舞いを送る時期

暑中見舞いの文例

暑中見舞いには明確なルールがありません。相手への気遣い、自分の近況の報告など自由に書きましょう。

暑中見舞いの文例

暑中お見舞い申し上げます
お庭の草取りにお忙しい事と存じます。
私は元気でジョギングを続けています。
来月の同窓会を楽しみに!
それまでお元気でね。

お元気にお過ごしですか。
先日は、たくさんにサクランボをお送りくださり、ありがとうございました。
宝石の様にきれいな実を皆で美味しく頂きました。

暑中見舞いの文例
暑中見舞いの文例

夏休みに箱根に来ています。
風が冷たくて気持ち良い。
叔母と久しぶりの2人旅です。道端のおだまきを摘みました。
紫の小さな花とエメラルド色の葉っぱがきれいです。

思い思いに筆を走らせ、大切な人へ一枚の涼を送りましょう。

営業日カレンダー

2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
 はオンラインショップの定休日です。実店舗とは異なります。
営業時間は10:00〜17:00です。
  • グッドデザイン賞受賞「蛇腹便箋シリーズ」
  • Instagramご紹介アイテム
  • 購入金額10,000円以上で送料無料
  • 初回購入時に新規会員登録で300pointプレゼント
  • ギフトラッピング承ります
  • 日本橋・榛原と日本のこよみ「季節の特集」
  • 日本橋・榛原の「手しごと特集」
  • 榛原のメールマガジン
営業時間
月曜日〜金曜日10:00〜18:30
土曜日・日曜日 10:00〜17:30
休業日
祝日、年末年始、お盆
所在地
東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー(Google map
日本橋駅(東京メトロ銀座線・東西線、都営浅草線)B6出口直上

日本橋榛原コーポレートサイト

TOP